*近世魚肥流通の地域的展開 古田悦造 著 古今書院 1996年

¥7540

(税込) 送料込み

1797
コメント

商品の説明

A5判函ヤケと上下角に潰れ、本体表紙の下角にも少し潰れが見られます。中は比較的きれいです。一通り見たところ線引きや書き込みは見当たりませんでしたが、もし見逃し等がございましたら何卒ご容赦下さい。発送方法は・レターパックライト370・レターパックプラス520※複数落札、厚さによって発送方法と送料は変わります。複数落札された場合は【まとめて取引の依頼】から開始して下さい。=日曜祝日の発送はお休みさせて頂いております=※領収書の発行は行っておりません。※オークション終了後、24時間以内のお取引開始をして頂き、その後2日以内のお支払いをお願いいたします。※悪質ないたずら入札が横行しています。お取引の意思がないと判断した時は期限前でも「落札者都合による取り消し」にて対応させて頂いております。※トラブル防止のため、新規の方または評価の悪い方の入札及び落札を24時間前でも取り消させていただきます。<評価につきまして>評価は不要の方のためにこちらからは入れておりませんのでご安心下さい。評価を希望の方は当方へ入れて下されば同じ評価をさせて頂いております。11-2

(2023年 10月6日 23時 49分 追加)
=目次=第一部序論・近世魚肥流通に関する既往の研究成果と研究動向・人文地理学における方法論の進展と歴史地理学第二部近世我が国の魚肥流通における三極地域の変質過程・関西漁民の関東出漁の地域的展開・関西漁民の定着過程と集落形成・近世武蔵国佃島における集落の変容と空間認知・房総半島における豊凶漁期と人口動態・相模国浦賀における干鰯問屋の魚肥流通・江戸における干鰯問屋の魚肥流通・江戸新肴場組魚問屋の成立と問屋仕入制度・北関東地方の農村地域における魚肥流通・房総半島における魚肥問屋資本の再編成・近世近江国における魚肥転換と流通構造・防長地方における魚肥使用と魚肥流通の重層構造第三部近代化に伴う我が国の半辺境地域化・明治二〇年代の我が国における魚肥価格の地域差・日本人漁民の朝鮮半島への出漁過程・慶尚南道巨済島における日本人漁民の定着過程・朝鮮半島における日本人漁民の魚肥生産と流通構造第四部結論・我が国の魚肥流通の地域的展開と三極地域7540円*近世魚肥流通の地域的展開 古田悦造 著 古今書院 1996年本、雑誌人文、社会



もっと見る

商品の情報

カテゴリー
配送料の負担
送料込み(出品者負担)
配送の方法
ゆうゆうメルカリ便
郵便局/コンビニ受取匿名配送
発送元の地域
宮城県
発送までの日数
1~2日で発送

メルカリ安心への取り組み

お金は事務局に支払われ、評価後に振り込まれます

出品者

スピード発送

この出品者は平均24時間以内に発送しています

*近世魚肥流通の地域的展開 古田悦造 著 古今書院 1996年

この商品を見ている人におすすめ